からみざかりネタバレ クラスメイトの目の前で悪ふざけからマジでセッ〇ス始めちゃう男女・・・!

BookLive!コミック
エロ漫画ランキングで1位を獲得している
カラミざかり

について紹介します。

 
クラスメイトの男子の部屋で
オナホを見たいと言い出したクラスメイトの金髪ギャル。
しかも見るだけでなく、
実際に目の前で使って見せてと言い出しますw

 
エロそうな金髪ギャルに目の前で
オナホ使って見せてなんて言われたらかなりヤバいですよねww

 

しかも言われたほうも
金髪ギャル自身がおかずになるように要求w

 

自分から言い出した金髪ギャルは
自らをおかずとしてスカートをまくりあげてパンティを見せつけるのですw

 

興奮した坊主頭はズボンを下ろし、
すでにギンギンになったモノを取り出します・・・

 

しかし金髪ギャルパンティだけでは飽き足らず
おま〇こを見せつけるように要求し、
胸を揉み始めるのです・・・!

 

金髪ギャルにオナホの穴にローションを流し込み
そのままガッチガチになったち〇ぽにハメるように指示しますw

 

金髪ギャルの手によって
ち〇ぽinオナホw

 

最初は優しく、次第に激しく動かしていく金髪ギャル。
いつもは自分で動かしているオナホですが
今日はクラスメイトの金髪ギャルが動かしてくれている・・・

 

この状況に興奮した坊主頭はオナホの中にたっぷりと射精してしまいますw

 

そして、
オナホから引き抜くとザーメンでべっとり・・・

その汚ち〇ぽをパクリと咥え、お掃除フェラまでしてくれる金髪ギャル・・・
このシーンはかなり興奮してしまいましたね・・・

 

オナホで抜いてくれるだけでなくお掃除フェラまで・・・!

 
 

お掃除フェラまでされた坊主頭は性欲が止まらなくなり
暴走し始めます・・・!

 

我慢できなくなった坊主頭は、金髪ギャルをベッドに押し倒し
激しくベロチュー、手マン、クンニ・・・

 

他のクラスメイトが同じ部屋にいるのなんて
お構いなしでセックスを始めてしまうのです・・・!

 

女子が2人いるにもかかわらず高志はズボンとパンツを一気にずり下げた。現れたのは皮の被った小さなオチンチンだった。「え~カワイイ~」と言いながら女子2人は高志の股間に近づきじっくりと見つめるのであった。積極的な茶髪の新山は「何か弟のチンチンみたい」といいながら高志のチンチンを引っ張ってみた。「だったら擦って大きくしてくれよ」と高志が言うと新山は「分かったよ」と言って高志のチンチンを擦り始めた。しかし緊張のせいかなかなか大きくならない。「やっぱオカズが無いとダメなんだよな~」と高志が言うと「ちょっと里帆、パンティ見せて」と言ってきた。新山の子分的な存在である黒髪の里帆は言われるがままに制服のスカートを捲ってみせた。すると薄いピンク色のパンティが現れた。学校ではミニスカの制服のスカートからチラチラとパンティが見えることは良くあるが、さすがにここまでモロ見えは初めてだった。おれのチンチンは少しづつ大きくなっていったが高志の方はダメだった。すると新山は「里帆はそっちのチンチン大きくしてみなよ」と言って俺の股間を指差した。「えっ」と戸惑う間もなく里帆は俺のズボンとパンツを一気にずり下げた。そして既に半勃ち状態の俺の包茎チンポが現れた。里帆は躊躇することなく俺のチンポをこすり始めた。それを見た新山が「あっ、もう大きくなってるじゃん」といって俺の方にやってきた。そして新山は俺の右手を取ると制服の上から自分の胸に押し当てた。「うわっ」制服の上からとは言えオッパイを触っちゃってる。さらに新山は俺の右手を下に降ろしてスカートの中に入れてきた。太腿にタッチしたかと思うと上に持ち上げて直接股間に押し当ててきた。パンティの上から触るアソコはとても柔らかくしっとりとしていた。ここで俺は限界に達して里帆の手にドバッと発射してしまったのであった。

今回はクラスメイトとの禁断の関係についてお話します。普段から真面目で学級委員をしている真面目な女の子がいます。放課後誰も教室に携帯を忘れたのでとりに帰った僕が衝撃的な場面にでくわすのです。それは普段から真面目な女の子からは考えられない事をしている現場に出くわしたいです。その真面目な女の子が机の角で角オナをしている現場に出くわしたいです。そして何もみなかったのごとく帰ろうとしている僕に女の子からこの事は誰にも言わないでほしいと呼び止められます。そして僕はおうとだけ言って帰ろうとするのです。そしてここから女の子からこのままにしてる帰る気なのと言われます。そして女の子が僕の下半身を触りだしてくるのです。それに恥ずかしい気持ちになりながら僕のチンポはどんどん硬くなってきます。そして彼女が僕のチンポをくわえていいと言ってくるのです。それに僕はいいよと答えるのです。そして次は彼女にマンコを舐めてほいしと言ってきます。そして僕はマンコ舐めるのです。そして机の上でM字に開脚している女の子の濡れたマンコにチンポをブチコミたいです。そして椅子に座って彼女挿入したまま上に座られて動くように指示をします。もちろんコンドームなんて用意していません。いきなり発展したSEXです。いきそうになるのを我慢して我慢して最後は中に出していいと出す気はないのに女の子に聞きます。中は駄目と言う事を聞いてから口の中に出して最後はフェラをさせて終わりたい。これらがクラスメイトとの禁断の関係です。まだまだかけますねぇ。

私の高校は、男女の比率が8対2。もう、可愛い女子ならば、男子はみんなその女子を狙っているのです。そして、その一番可愛い女子が、私と同じクラスにいるのです。しかも、私の席の左前。前を向くといつも彼女が視界に入るものですから、気にならない訳がないのです。休み時間にその彼女や友達と話をしている時に、彼女とその友達、そして男は同じクラスの仲間、全部で6名(男3名、女3名)で、家でパーティーをするという話になったのです。他の男子に知られると厄介なので、みんな内緒で土曜日に友達の家に集合。普段とは違う彼女の服装に感激しながら、みんなで家で鍋パーティーをしたのです。男の部屋に入るの初めてなんていう彼女とその友達。そして、その友達のベッドに入り、寝始めたのです。その姿を見た私ともう一人の友達は調子に乗って、女性2人の間に入り込み、一緒にベッドの中で寝始めたのです。残りの男女2名は下の階でテレビ見ながら話しているし、邪魔しちゃ悪いかなって彼の部屋に来ていた事で思わず嬉しいシチュエーションとなったのです。ベッドの中でいちゃいちゃし始めた4人。とは言っても、シングルベッドの上ですから、狭いのは当たり前。その内、友達と女子1名はベッドから出て、ソファに座り始めたので、いまや、ベッドには私と彼女の2名になったのです。そして、彼女がくっついてきたので、彼女のおっぱいが私の背中にあたって、それだけで興奮してしまったのです。そんないちゃいちゃから始まったベッドの中で、気づいたらHまでしてしまったのです。つまり、友達の家の、友達のベッドでなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です